蟹通販のお店などでは1年を通して色々な蟹を食卓に届けてくれると言うメリットが有ります。

また、ズワイガニ、毛ガニ、タラバガニと言った3つの蟹は日本を代表する三大蟹とも言えますが、蟹を食べるのであれば旬を迎えた時に食べるのが一番の贅沢と言えますし、食べる蟹が水揚げされたばかりであれば鮮度も高く、美味しい蟹を戴けると言った醍醐味も味わえます。

 

ホテルや旅館などに宿泊した時に、夕食のテーブルにズワイガニ、毛ガニ、タラバガニなどが出て来るのは旬を迎えた時となるので、それぞれの蟹の旬を知った上で、ホテルや旅館の予約をすれば、1年で最も美味しいとれる蟹を戴くことが出来るわけです。
また、旬を迎える時期は誰もが美味しい蟹を求めるケースが多くなるので、早目にホテルや旅館の予約をしておくことが大切です。

 

蟹の旬と言うのは一般的には冬場と言ったイメージを持つ人が多いのですが、水揚げされる場所により旬は異なります。
タラバガニなどの場合は、ロシアやカナダなどの海で水揚げされた鮮度の高い蟹が一年を通して日本に輸入されているので、何時でも食べることが出来ます。

 

但し、ズワイガニはや毛ガニなどの場合は、地域により解禁日が定められているのが特徴で、ホテルや旅館を予約する場合など、解禁日を狙って予約をするお客さんも増えるので早目の予約が大切です。

 

ズワイガニは地域により呼び名が変わると言った特徴が在りますが、ズワイガニの解禁は越前ガニや松葉ガニであれば、11月6日から3月20日にかけてとなります。

 

但し、これは雄のズワイガニで、メスのズワイガニについては産卵を迎える前の時期となり、雄と比べると短く、11月6日から1月10日までになります。

 

毛ガニの場合は東北から三陸地方にかけては1月頃、北海道の十勝沿岸エリアは12月頃、北海道の太平洋側は2月頃、北海道のオホーツク海では3月の中旬から下旬にかけてとなるので、この時期に合わせてホテルや旅館の予約を早目にすることが美味しい毛ガニを食べるコツと言えます。